受験資格について

調査中

ケアマネの求人はレベルの高い求人となり、そのケアマネになるまでも医療と介護、福祉、保険の分野で5年以上、通算で900日以上の実務経験があることが必須条件となり、5年以上働いていても、通算日数が1日でも足りないと、受験資格がないので、注意しなければいけません。
また、実務経験を積んだと認めてもらえる職場でも細かい規定があり、受験を思い立ったら、都道府県の担当課などに必ず確認することが重要です。
実務経験として認めてもらえると思っていてもダメな場合も多くあります。
なお、勤務時間に関係なく、勤務が1日と換算されます。
対象の資格や医師、歯科医師、看護師、准看護師、薬剤師、保健婦、新理学療法士、作業療法士、はり師、歯科衛生士、柔道整復師、言語聴覚士などです。
福祉関係の資格は介護福祉士、社会福祉士ホームヘルパーなどです。…

仕事場の環境について

三人

ケアマネの就業環境は資格が出てきてから今に至るまで圧倒的な売りて市場になっています。
ケアマネージャーの試験の合格者は40万人を突破しておりますが、実務につかないで潜在ケアマネージャーが圧倒的に多いです。
このために、特に住宅介護サービスの計画作成を担う住宅介護支援業務事業所の求人では、年齢が高くても、経験が浅くても、他の業種に比べると就業はし易い環境だと言えます。…

介護のコーディネーター

疑問

ケアマネージャーの一番の使命は介護サービスを受ける利用者の心身の状況から必要なサービスを提案して、利用者とサービス訪問者の時間を調節することになります。
介護が必要な人が住み慣れている場所で生活をするためにはさまざまなサービスから必要なものを選んで組み合わせて使う必要があります。
高齢者にとってはサービスの内容が複雑で、自分にどのサービスが合っているのかわからない時など業者から提供してもらっていいのか悩んだりもしますが、そこでケアマネージャーが専門職の立場から介護サービスをコーディネートすることになります。…